メエメエ博士のエィガレビュー

メエメエ博士の映画レビューブログ

初心者の映画感想ブログ、ここにあります(ネタバレが多いです)

シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~ の感想

f:id:meimeihakase1234:20161128174236j:plain

2016/11/26 鑑賞

シェフ~三ツ星フードトラック~ を鑑賞前に、違う方のシェフ!を

あらすじ

三ツ星レストランの著名シェフのジャンレノはオーナーの謀略により弟子シェフなどを奪われ、目の前に迫った料理審査への新メニュー作りがピンチに。そこでたまたまみつけたのは、料理の才能を持つペンキ屋のミカエルユーン。ユーンの凄腕を認めたレノは共にメニュー制作を進めていくが

 

感想

 良くできた凡作 分かりやすくテンプレに近いストーリーとキャラ設定。それをセンスのいい編集とパワーのある演者で構成したよくできた作品。

 しかし正味80分というサイズ、全く予想を裏切らない展開、落ち着いた周着地点。良くできている普通の作品です。それで予算はジャンレノにのみかかってそうで、他は徹底的にふつうな印象のため、映画として別の言い方で言うなら「SPテレビドラマで見たら傑作」な作品。

ジャンレノがスープを一口食って実力を理解し、その後料理の腕に関しては全幅の信頼を置く感じ。早すぎてつまんなって面と、それがプロフェッショナルなのよって面。どっちもあるね。

 

特に言うことなし。ふらっとテレビでやってて何も知らずに見たら結構たのしめるとは思う。

採点 56点(50点が合格ライン)