メエメエ博士のエィガレビュー

メエメエ博士の映画レビューブログ

初心者の映画感想ブログ、ここにあります(ネタバレが多いです)

ダーティハリー2 ハリーの実在感が魅力

f:id:meimeihakase1234:20170111053752j:plain

2017.01.11鑑賞

 

あらすじ

荒くれ者腕っぷしはみ出し刑事の主人公ハリーキャラハン。
今作では法で裁けなかった極悪人を消す警察内部の暗殺団と対決。
ハリーと暗殺団は何が違うのか、果たして暗殺団は間違っているのか。
そこらへんが見もの

 

良い点

徹底したハリーキャラハン(イーストウッド)の実在感

やはり魅力はハリーキャラハンの一貫した人物像なんだけど、
実際に居るんではないかって演出が終始行われる。
カットを極力割らないでずーと映す。
定点じゃないんだけど、常にカメラマンが撮ってますよっていうような演出。
それでハリーキャラハンの日々を
ただ映像に残してるだけっていう印象が出てくるのがこの映画。

 

 ただ通路歩くシーンを長々と端から端まで映すしたり、
それぞれのシーンでアクションを起こす目的地までの移動をしっかり映す。
演技をさせてるんじゃなくてハリーが生きているなぁと思っちゃう。

カーアクションシーンとかは
音楽無しでエンジン音だけでお楽しみください。という潔さ。
ハリーさんが運転しているんだ!

 

そんな実在するハリーと暗殺団の関係が今作の見どころ。
刑事として法にすれすれ、いや正義の名のもとにバンバン人を殺してるハリーと、
法から逃げた悪党を陰でぶっ殺す暗殺団は何が違うのか。
ハリーは明確に違うのかどうか考えさせられる。

自分では違うって言って暗殺団を断っていたけどね。
そんなハリーキャラハンの一挙手一投足を観る映画。

 

まとめ

ゆったりと映して「ハリーキャラハン対ハリーに似た悪」の構図を楽しむ映画。
時代を感じるゆったり感。

採点 65点