メエメエ博士のエィガレビュー

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メエメエ博士の映画レビューブログ

初心者の映画感想ブログ、ここにあります(ネタバレが多いです)

【感想】プライベートライアン 行きたくないよこんなとこ

70点台 名作と巷でいわれているやつ アマゾンプライムビデオ

 

f:id:meimeihakase1234:20170120081817j:plain

2017/01/20

おはなし

WW2のノルマンディー上陸作戦から始まる。
なんとか上陸に成功した主人公班は、ライアン新兵を見つけて連れ戻すという謎の任務を任される。
なぜ多くの命を懸けて一人の新兵を救わなければならないのか。
疑問を消し去れない中、ライアンを探し戦場を彷徨う。

良い点

誰かが「前半30分は神。それ以降は蛇足」って言ってたけど、その気持ちも分かる。
そう言っちゃうぐらいノルマンディーのシーンは臨場感が凄い。

どこから撃たれるか分からない敵の猛攻で死屍累々となった戦場。
そこをどうにか進まなければ全滅する。そんな地獄を体感できる。

30分って長いはずなのに、だれずに見入ってあっという間。
良い音響で、映画館で観たい作品。映画史に残るのも納得。

 

それ以降も悪くない。社会正義のためという大きな意味に基づく戦争を、
「一人の人間を助ける」という疑問のある任務を通して再考させるつくり良かったです。

自分の行為が何かのために繋がっているという貢献感がないとやってられない。
その貢献を考えると主人公たちの行為は意味のあるものだったと。

戦争の是非は後になって言えることで、
その場で戦ってた元一般市民にとってはその国際社会的正義なんて意味のないこと。

それを認めたうえで、戦場の殺らなきゃ殺られるルールのもと戦うヒーローではない者の戦場が見られる作品でした。

 

まとめ

ずっと観ないとなぁ、と思いつつも長さにびびって先送りにしていた名作。
評価される理由も分かる出来でした。

採点 72点