メエメエ博士のエィガレビュー

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メエメエ博士の映画レビューブログ

初心者の映画感想ブログ、ここにあります(ネタバレが多いです)

【感想】ジョン・ウィック あのガンカタを彷彿とさせる

f:id:meimeihakase1234:20170204153921j:plain

2017/02/02 鑑賞

あらすじ

とあるマフィアに仕えた最強の殺し屋ジョンウィック。
妻のため足を洗ったが、妻は病死し愛犬と二人普通の生活をしていた。

とある日、ジョンウィックの高級車に目をつけたヤンキーが強盗に押し入り車を強奪する。その際目障りだと言う理由でその愛犬を殺してしまう。しかしそのヤンキー、探ってみると実は昔仕えていたマフィアの一人息子。

正体も分かり、新興のあるマフィアのドンから直接連絡も来たがジョンウィックには関係ない。目的はただ一つ愛犬の復讐のために再び殺しの世界に戻ってくる。

 

良い点①
徹底したプロフェッショナルとその中でこそ輝くジョンウィックの執念

殺しの世界というのは狭い世界なのか、お互い顔も知ってる奴らばかりで、様々な掟やしがらみがある。直接の殺しのプロだけでなく死体清掃や医療、殺し屋御用達のホテルもある。

ジョンウィックはそういうプロの世界のルールを守りつつ、愛犬を殺した息子を徹底的に付け狙う。なので無駄な殺しはしないし、警察にもご迷惑をかけず頑張る。

そんなジョンウィック像とキアヌ・リーブスの「非マシーン感。リア充じゃねぇけど自分の人生歩んでる感」が相まって、素晴らしく魅力的な主人公像を作り上げている。

 

良い点②
徹底的に銃殺とナイフなファイトスタイル「ガンフー」=次世代ガンカタ

今作のジョンウィックの殺し方は、今までのどんな殺し屋キャラクターとも違う。
ほとんど殴らずに至近距離でも銃をぶっ放す。

暗闇とか角とかで急に敵に遭遇したとき、普通なら体術で相手の動きを止めたり体勢を崩したりして有利に立つ。しかしジョンウィックはまず発砲するか、相手が撃ってきたら避けてからヘッドショット。相手と揉み合いになったら、柔道で投げてヘッドショット。どうにかして銃弾を当てて殺す

こればっかりはマジで観てほしい。
シンプルにジョンウィックが敵を倒す姿だけで観た甲斐がある。
そのぐらい芸術的で流れるように撃ち抜く。

 

暗殺的に気づかれてない相手をやるときはナイフ。まぁこれはありがち。
ただここで面白いのはナイフも銃も無いときくっそ弱い点

ジェイソーンボーンもジャックリーチャーもブライアンミルズも、どんな状況になっても最強だからあれだけの無敵キャラクターに説得力が出る。

でもジョンウィックは体術勝負で普通に負けて逃げられるし、勝っても相当ギリ。全然強さを見せない。この銃にパラメータ全振りの主人公像新しいし愛くるしい。

 

その昔このぐらい振り切って銃の使い方にこだわった結果その要素だけで映画を作ってみた『リベリオン』という最強作品があった。そこで出てくるガンカタという戦い方は革命的で、なぜ主人公に弾が当たらないのか明確な回答を見せた。そして銃を突きつけ合う状況になって普通なら硬直するシーンであっても進展を起こしてみせた。

ガンカタではまるで踊っているように銃を使い、周囲の人間は何もできずにいつの間にか撃たれている。それ以外では観られない伝説の奥義がある。

『リベリオン』は近未来の話だが、今作はガンカタよりは現代的な、NEWガンカタと呼んでもいいほど銃の使い方が美しい。

 

良い点③
おはなしについて

盗すみ→自転車修理工場にもっていく→車を見たベテランが息子をぶん殴る→息子が父親に告げ口→父親から修理工に電話→理由を問われ「ジョンウィックの車を盗んだから」→父親呆然。無言で父親も息子殴る。

っていう一連のシーンは引き込まれた。
ジョンウィックというプロに対し敬意を払い実力を知っていることが肌で伝わる。
あんなにバカ親父っぽいのに息子を急にぶん殴るなんて。

その後ジョンウィックの凄さを息子に語りながらビビる父親と、
着々と殺しの準備をすすめるジョンウィックの対比は盛り上がるわ。
序盤文句ない映画。

時間配分的にも40分で準備、30分で追いながら無双からのピンチ、30分で復活から終わりへ。とノリやすい。良いと思うなぁ。

 

文句になっちゃう点
クライマックスの弱さ

どう考えてもラストバトル
映画として弱すぎる。

特に強いとされてないただの老体がナイフ持ったからってあんなに苦戦しちゃだめよ。映像的にも面白くないし。

まぁこの映画の唯一の推進力である「愛犬の仇をとる」ってのが映画中盤で空想かな?って思うレベルであっさり終わる。
これはジョンウィックのプロフェッショナル性が際立って良いと思う。

最後まで銃でパンッと終わっちゃったらだめだと思ったのかもしれない。だからといってクライマックスぐだぐだと長引かせるならジョンウィックらしくかっこよい射撃で終わらしてほしかった。もったいない

 

まとめ

犬と過ごす映画内時間が短すぎるとおもったけど、この作品マジで好き

はっきり言えばオールタイムベスト30に入るかもしれない。
ぜひ皆さん『ジョンウィック』観てそのまま『リベリオン』観て楽しみましょう!!

言ってたらリベリオン観たくなってきたなぁ

採点 91点