メエメエ博士のエィガレビュー

メエメエ博士の映画レビューブログ

初心者の映画感想ブログ、ここにあります(ネタバレが多いです)

【感想】50回目のファーストキス こんな恋も良い

f:id:meimeihakase1234:20170223085107j:plain

2017/02/23 鑑賞

あらすじ

主人公はハワイ在住の獣医で、観光客とその時限りの恋愛をしまくって人生を楽しんでいた。ある日カフェでヒロインにひとめぼれし、必死に口説いていい感じに。翌日もカフェで会って昨日の話の続きをしようとしたら他人行儀な反応。彼女は事故によって寝ると記憶がなくなってしまうのであった。こうして毎日が初対面の恋愛が始まる。

感想

作品全体を包む温和な雰囲気

この映画に存在する逆風はヒロインの記憶障害だけ。それ以外は全部が優しい映画。

主人公が醸し出す本心からの優しさ。相棒もいろいろ口では馬鹿にしても根底に愛がある感じ。ヒロインの親父も立派な人間だし、弟も馬鹿だけど憎めない。カフェの二人もハワイらしい温かみ。その他のモブもみんな絶対他人を攻撃しない。そして舞台装置としてのハワイ。どこを取っても優しい。

主人公がヒロインを支えるのはストーリー上当たり前だが、映画全体でヒロインの記憶障害に寄り添ってくれる。この統一感が観終わって心に残るあたたかみを生んでるなぁ。

動物の名演技

この映画のMVPは動物です。

主人公が獣医なので、その仕事ぶりと動物との信頼関係を見せる上で劇中に動物が出てくることは不思議じゃない。なんだけどそれが想像を超える効果を持ってる。完璧にコントロールされた動物による多様性あふれる演技が映画の懐深さを作り出してる。

動物すらヒロインを本心で応援しているような印象すら残るレベルの出演。パターンも多様で、映画の流れを止めず、無理に入れ込むのではなく自然にうるさくなく出してくる。そのバランスも、行動の意味づけも見事で本当に素晴らしい。もしこの映画に動物要素がなかったら結構魅力落ちると思う。

終盤のまとめ方

この映画正味95分ぐらいしかない。でも内容は結構盛りだくさんで、パターンが多い。繰り返し物の多様なルートを終始テンポよく進めてくれて満足度高い。最終盤は一気に話が進むんだけど、その着地点と伝え方は素晴らしい。船に父親も乗ってるのは最高。あれによって二人だけでなくみんな人生を前に進められたことが伝わってくる。父親と離れた弟もおそらく前に進んでるし。動物すら進んだなって一夫三婦セイウチで伝わるし。

やっぱりこの映画の魅力は統一感・連帯感である。一つの微笑ましい雰囲気に統一して描ききった結果、観客は幸せな気分になれる。そんな当たり前を教えてくれる。

まとめ

ツタヤでみんなのおすすめで平置きされて知ったけど、害のないハートフル映画。

採点 59点