メエメエ博士のエィガレビュー

メエメエ博士の映画レビューブログ

初心者の映画感想ブログ、ここにあります(ネタバレが多いです)

【感想】ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走 予告編どおり

f:id:meimeihakase1234:20171126144836j:plain

2017/11/25 下高井戸シネマ

あらすじ

仲がギクシャク気味の主人公一家。最新式システムを積んだ新車で家族旅行で出発。しかし速度維持システムの故障で止まれなくなっちゃった。渋滞迫る高速で、さまざまなアクシデント勃発。どうなっちゃうのか…

感想

爆走する車の中、迫り来る渋滞という分かりやすいタイムリミットに向かって、パニック状態の家族が一致団結してどうにか っていう部分の最低限の面白さはあります!というかそこが面白いから観に来てるわけで。まぁこれで充分でしょう。合格点はある…かな

しかし、それ以上の上積み全く無し!!

予告編とかで雰囲気出してた「極限状況の中、家族の秘密が明かされる」的な部分。浅っせぇんだ。深み奥行き無し。1イベントとして扱って終わり。のちにいろんな形に変異して影響与えるとか全く無し。ちょっと残念だなぁ。

あと、家族のキャラクター造形ももったいない。最初に提示される「この家族像面白くない?」からなにも展開していかない。たしかに始まって面白そうだなぁってなるけど、そのまま等速直線運動の面白さ。上がらず下がらずそこそこ面白い。でもそれ以上はないです。


この映画一番好きなポイント

高速警備隊の女隊長。めちゃめちゃ可愛いです。ガサツで高圧的な隊長。卓球が実際は下手なのに、あの手この手で無理くり強いって部下に認めさせる女上司。部下の報告に悪態つきながらも迅速で正しい指示を出す有能。部下の失態も卓球の勝利と引き換えってことでもみ消してくれる、部下思いの女性。

この人の出番はそんなに多いわけじゃないけど一番印象に残る、今作で一番のキャラクターでした。この人だけ必見。

まとめ

予告編で期待した面白さの下限はあります。なので観てもいいんじゃないかなぁ。あの女上司でプラス5点。

採点 55点

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村