メエメエ博士のエィガレビュー

メエメエ博士の映画レビューブログ

初心者の映画感想ブログ、ここにあります(ネタバレが多いです)

【感想】13時間  状況説明・ドラマ性ともに抜きん出た作品

f:id:meimeihakase1234:20171126214104j:plain

2017/11/26 アマゾプライムビデオ

あらすじ

革命後のリビア・ベンガジに秘密拠点を置くCIA。そこの防衛を任されているのは元軍人たち6人で構成されるGRS。
2012年9月11日、アメリカ大使来訪中の大使館が襲撃される。その救出に向かうGRSだが、間に合わず撤退。しかし敵は情報を握っており、そのままCIA秘密拠点に民兵が押し寄せる。6人対大量の絶望的状況の中はたして…

感想

状況説明がすごぶる上手

この映画の最も凄いのは状況説明。

  • 革命後のリビアという異空間描写
  • 大使館や秘密拠点のセキュリティのずさんさ
  • 敵がどこにいて、どこが突破され、どこから攻撃されているのか
  • GRSの6人はどこでどう反撃しているのか
  • アメリカ本部や軍にどう連絡して、反応はあったのか

そういう銃撃戦の外堀の埋め方が、史上最高レベルで上手だわ。

銃撃戦中もけっこうな頻度で引きのショット入れて、場面整理して観客を追いつかせてくれる。私みたいな旧式OS人間にはありがてぇ。

だからこそ何度も行われる銃撃戦が、毎回同じような絵面っぽくても全く違う状況だとよく分かる。ゆえに全く飽きず、別の危機感を持って観られてずっと楽しすぎる。

マジで飽きない145分。長さ感じない。

そんなしっかりした映画的土台の上で繰り出される、マイケルベイのド派手映像。魅せ方うまいなぁってなっちゃう。目線整えて映画に入れてるから、ただド派手でアトラクション的にしか楽しめないわけじゃない。派手な部分をストーリー上の脅威だったり歓喜だったり、効果的に心を動かしてくる。

マイケルベイの作品で最も効果的で、この監督で作る意味がある。基本的に苦手なんだけど(トランスフォーマーとかね)、マイケルベイ史上最も好きな作品となりました。

まとめ

評判は聞いていたんですけどちょいと長くて敬遠していた作品でした。この完成度だと長くないです。あっという間の145分。おすすめです。

採点 90点

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村