メエメエ博士のエィガレビュー

メエメエ博士の映画レビューブログ

初心者の映画感想ブログ、ここにあります(ネタバレが多いです)

メエメエ博士のエィガレビューブログ

【感想】ザミッション 非情な掟 無駄がゼロ

f:id:meimeihakase1234:20171223211307j:plain

2017年12月12日 鑑賞

ガンアクション映画の金字塔として名高いこの作品を初鑑賞

あらすじ

最近何かと物騒な世の中で。香港マフィアのボスも暗殺されかけます。そこで腕の立つ五人がボディーガードとして集められます。それぞれ面識は無い五人だが、一緒にミッションをやってく中で阿吽の呼吸が生まれてくる。それは家族とも組織とも違う、本当の仲間としか言いようが無い唯一の存在。

日々襲撃を退けながらだんだんと敵に近づき、遂には黒幕を見つける。しかし同時にメンバー内で掟破りをしてしまったことが発覚する。

感想

緩急がすごい

80分と短い中なのに、緩急のつけ方が過ごすぎて満足度が半端ない。

緩めのシーンが多いんだけど、生死をかけた場面が圧巻過ぎて、合間のひとときの味わい深さを強く感じられる一作。

みんなが必見言うてた中盤ジャスコシーンは突然始まり緊張感マックスで盛り上がりながら突然終わる。めっちゃかっけぇ。でももっと観たい。もっと計算され尽くされた防衛シーンをもっと堪能したい。

鑑賞後は、エンディングの完璧に決まった感と、あぁもう終わっちゃった…感で心が埋まる

80分とめっちゃ短くて無駄一切なし。
めちゃくちゃカッコよくアガるシーンだけで構成される完璧な80分。

もっと観てぇよ。この五人の活躍ずっと観ていたいと思っちゃう。それだけ高い完成度。


セリフなんて無くてもよい

セリフなくても初めて見る人の人間性とか、初めて見る集団内の位置関係が分かる。
これって映画ならではの表現で、映画である意味が存在する。

これって良い映画の条件でしょう。その観点で考えると最上の映画。

人間が人間の人生を、その場にいるかのごとく観られたら、セリフなんていらないんですよ。って分からしてくれる。

まとめ

この作品のような仲間たちの話をもっと観たい僕にはエグザイル/絆が待っている。こんな楽しみなことぁない。

採点85点

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村