メエメエ博士のエィガレビュー

メエメエ博士の映画レビューブログ

初心者の映画感想ブログ、ここにあります(ネタバレが多いです)

メエメエ博士のエィガレビューブログ

【感想】ワイルドスピード アイスブレイク 新章突入

f:id:meimeihakase1234:20180102151406j:image

2017/01/01 鑑賞

ワイスピシリーズは大好きで「作品単体ならユーロミッション」「シリーズの終着点としてのスカイミッション」は娯楽映画の最高到達点だと思ってます。

なのに鑑賞が遅れたのは先に観た友人から「もうワイスピは終わった。ヴィンディーゼルじゃなくてジェイソンステイサムの映画になった」との酷評を受けて劇場スルーしちゃいました。

Amazonビデオ100円レンタルにあったのでこの度鑑賞

あらすじ

今作の悪党は最強ハッカーのサイファーさん。息子をサイファーに拉致され、ドミニクはサイファーに協力せざるを得なくなる。

ドミニクに裏切られたファミリーは何か理由があると信じつつも、サイファーの野望を阻止するためドミニクを追う。しかしあのドミニクがターゲット。ファミリーが結集してもドミニクに逃げられてしまう。

そんななかロシアの軍事基地に駐留してある潜水艦を盗むという情報が流れファミリーは急行するが、一足先にドミニクが到着していた。

感想

やっぱりかっこいいのドミニクやん!

たしかにドミニクが敵側の時間は長い。ドミニクがイヤイヤ何かをやっている場面が続く。
ただそこで押さえつけられた気持ちがラスト爆発する展開はありでしょう。
活躍する時間は短くても、鑑賞後残るのはドミニク!

息子の前だとすぐ泣いちゃうあたりも感情移入しやすい。あと、問題解決する原動力はドミニクの人脈ってのも良い。ドミニクの人柄が良すぎて、協力するのも納得です!


今シリーズの最も大事なファミリー感

今作は展開上築きあげたファミリー感がぶっ壊された印象をどうしても受けてしまう。
特にここまでの最強の敵だったデッカードがファミリーに入っちゃうわけで。そりゃファミリーの連帯感を素直に感じられないのは仕方ないけど、なんか消化不良感を漂わせたまま映画は進みます。

ですが、ラストにドミニクが大ピンチに陥った時のみんなの動きでこの映画を許しました。まともに話してないのにあの陣形を見せられちゃうと、ワイスピシリーズで最も大切なファミリー感をやっと感じられて万事OK! 許します

あとやっぱりこの映画シリーズは、過去の敵は今日の仲間 パターンが熱い。デッカードのドミニク息子への表情はずるいわ。あれでみんなあいつがハン殺したの忘れてるでしょ!めっちゃ悪いやつだからね。そんな奴のあの顔はずるい。そりゃ盛り上がるわ。

まとめ

あのポールウォーカーの死を完璧に昇華させたスカイミッション後、新たなパターンでワイスピを作るとして良作でしょう。
車の洪水はディザスタームービーかっ!って突っ込みたくなるほどの、他じゃ観られない映像。そういう部分でもやっぱり現在の娯楽映画最高峰シリーズであることは間違いないと思わされた1作でした。

採点 79点

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村