メエメエ博士の映画レビューブログ

初心者の映画感想ブログ、ここにあります(ネタバレが多いです)

【感想】ギルティ 沈黙を味わう90分

f:id:meimeihakase1234:20200202225933j:image

2020.02.02 DVDにて鑑賞

 

 

作品情報

  • 公開日 2018年6月14日
  • 上映時間 85分
  • 監督 グスタフ・モーラー
  • 主要キャスト ヤコブ・セーダーグレン
  • 予告編


映画『THE GUILTY/ギルティ』予告編

  • 公式サイト

guilty-movie.jp


 

 

あらすじ

警察の緊急電話オペレーターの主人公のもとに、話の噛み合わない女性から電話がくる。よくよく聴いてみると、謎の男に車で誘拐されており、娘と電話している設定で警察に通報してきたらしい。

各部署と連携を取りながら、電話だけで彼女を救うことは出来るのか。

 

感想

沈黙が最も重い表現

この映画は下記三つのシーンしかない

  • 考え込んでる沈黙
  • 電話がつながるまでの待ち
  • 電話中

88分と短い映画なのに、一番多い表現が沈黙。黙って考えている主人公を、ただ真摯に写すシーンが映画の大部分を占める。

沈黙は最も重い表現だなぁ。

沈黙に意味がありすぎて、ずっと気が休まらない。休憩ゼロ。めっちゃ準備して映画観始めてください。どっと疲れます。90分未満とは思えない疲労感でヘトヘト。そして120%な満足感。

ワンシチュエーションものの中でも結構な快作ですぞ。

 

想像力バトルのための土俵づくりが上手い

声でしか話が進まないため、沈黙では映画が止まる。しかも毎回電話を切りオペレーター用のヘッドホンを外し、沈黙に入る。完全なターン制で、はっきり緩急が分かれていて安心して楽しめる。

その間に観客も主人公と考えさせられる。キャッチコピーにある「試されるのはあなたの想像力」通り、ここまでの情報を咀嚼し、存分に想像しながら進めていける。これが本作の楽しみ方。

ストーリーはネタバレ厳禁。絶対に気をつけて。想像力勝負を全力で挑むが吉です。

 

まとめ

めっちゃ良質なワンシチュエーション90分映画です。『オンザハイウェイ』『リミット』以上に重みがあって、僕は一番好きです。

 

採点 82点