メエメエ博士の映画レビューブログ

初心者の映画感想ブログ、ここにあります(ネタバレが多いです)

【感想】世界侵略ロサンゼルス決戦 薄味戦争映画

f:id:meimeihakase1234:20200205222856j:image

2020.02.05 アマプラ観賞

 

 

作品情報

  • 公開日 2011年9月17日
  • 上映時間 116分
  • 監督 ジョナサン・リーベスマン
  • 主要キャスト アーロンエッカート
  • 予告編


世界侵略 ロサンゼルス決戦

  • 公式サイト 無し


 

あらすじ

突如地球に飛来した謎の流星群。それは地球侵略のエイリアンだった。瞬く間に世界各都市で戦闘が勃発。

主人公たちアメリカ海兵隊員はロサンゼルスを防衛出来るのか。

 

感想

前半散漫、後半凡作

全体的にどっかで見たことあるような雰囲気。それぞれのキャラ設定とか展開とか、一昔前のベタドラマみたいな。ベタな小隊が逆境頑張るぞモノで、それ以上の上積みが少なかったなぁ。

前半は小隊に人が多すぎて、焦点が絞り切れてなかった印象。画面上の小隊の人数が多くても、まぁどんどん死んでいっちゃうからオーケー。それだけ謎の侵略者が強いってのは分かる。でもキャラ名や役職を出してくる人数が多すぎて、登場人物が喰いあっちゃって埋没していた印象。

助けた一般人パートは入るわ、途中から話を動かす別軍隊の女性隊員はしゃしゃり出るわで、観賞後に残るものが少ない作品。散漫で残念。


後半は急に攻勢を仕掛けてうまく行っちゃう感動の少なさ。ヘリ降りてからみんな射撃上手くなった?急にサクサクやりたいことできた感が強くて、見所ないなぁ。

『インデペンデンスデイ』的な意外な攻撃ポイント見つけて勝ちみたいなことだけど、弱点を見つけるまでの過程にフォーカスして欲しかったなぁ。

 

主人公がアーロンエッカート

考えてみれば主役がアーロンエッカート。顔が薄いキャラが薄いなぁ。あの名作『エンドオブキングダム』だって、主人公ジェラルドバトラーが居てこその大統領じゃん。その役所だからアーロンエッカートでピタリ賞なわけじゃん。

そして、その他に濃いキャラ無しって考えたら、今作の薄味加減がお分かりいただけるだろうか。

f:id:meimeihakase1234:20200205223320j:image

 

まとめ

やりたいことは分かるけども、まぁいろいろ中途半端でどこにも振り切れてない。観賞後に思い出してもぼやっとしちゃう。そんなつかみどころ=面白味の少ない凡作でした。

採点 45点